大切な器です

昔と比べると 今は常にお正月のようです

おいしい食べ物は沢山、あり~の、きれいな洋服あり~の、掃除機あり~の、で
毎日がお正月のようです

が、なぜか師走も 押し詰まってくると気ぜわしいです

やっぱり日本人なんでしょうか、少なからず、年の初めの準備をする気になって
しまいます

我が家の神様は 私が嫁いだ時には 各々お飾りが13必用でして…そりゃもう大変!!

大姑女に教わって "わら"で お飾りを作ったものです

一日飾りは良くないと、28日か30日に飾りつけをして、お餅も暗いうちから、
たたき起こされ(/ω\) 石臼でつきました
(決して、明治、大正時代の生まれでは ありまっせんヽ(`⌒´)ノ)

今日は30日 *^^* 一通りのお正月を迎える準備は、ほぼ出来上がりました
…と言っても、おせち料理は、沢山は作りませんが…( ̄ii ̄;) 

一番、肝心なものは、この木箱です
c0155853_19373737.jpg

神様に お供えする器です  
なぜ"木"かと申しますと、落として割れると縁起が悪いとか…??らしいです

この木箱は 主人の知人宅のおじいちゃんが作るのだそうで たぁ~くさん頂きまして
みなさんにも お分けして、喜んで頂きました*(´▽`pq)*゜
カンナをかけた 木くずも入ってました *^^*手作りですねぇ♡

この中に、おせち料理や お餅を入れて、元旦の朝から お供えを致します
三が日と七草に使用する大切な器です
[PR]
by junmamacyan | 2009-12-30 19:36 | その他